コラムColumn

2018/07/09NEW 美術トピック

2018/07/09NEW 美術トピック

スペインの教会にて、「修復」で彫刻が台無しに 

 スペイン北部ナバラ州の教会は、16世紀に作られた木彫りの聖ジョージ像の清掃を美術教師に頼んだところ、彫像がピンクの顔と明るい色の鎧に塗り替えられた、ずさんな「修復」が行われた。オリジナルの絵が失われた可能性もあり、スペインの美術保全協会(ACRE)は声明で、「こうした仕事に必要な訓練が恐ろしいほど欠けていることがわかる」と話した。

 どんな芸術作品も、長い時間を経れば経るほ

詳しく見る

2018/07/03 展覧会情報

2018/07/03 展覧会情報

梅雨明けに、風景画で旅しよう

  

 関東では梅雨が明け、強い日差しと蒸し暑い日々が続いています。外を出歩くよりも、涼しい美術館に長居したくなる季節となってきました。 
 現在、東京都美術館では『プーシキン美術館展—旅するフランス風景』が開催されており、フランス絵画コレクションで知られるロシア・モスクワのプーシキン美術館から、17~20世紀の風景画が来日しています(東京では7/8まで、大阪で7/21から

詳しく見る

2018/06/21 アイアート速報

2018/06/21 アイアート速報

国内オークション史上最高額作品誕生! パブロ・ピカソ『泣く女』が10億円で落札!

 先日2018年6月2日、渋谷ヒカリエで開催された第52回創業十周年記念オークションにて、パブロ・ピカソ作≪Tête de femme en pleurs(泣く女)≫が10億円で落札されました! 
  これにより国内オークション史上最高落札額を大幅に更新し、テレビや新聞、ニュースサイトなどでもアイアートと≪泣く女≫が取り上げられました。 
 ≪泣く女≫は、ピカソの代表作≪ゲルニ

詳しく見る