松園・ビュッフェなど出品!第58回オークション今週末開催

2019/07/02NEW

 今週末、7月6日(土)に第58回オークションが開催されます。
 前回コラムでは、今回7点が出品される梅原龍三郎を取り上げましたので、今週はその他の注目作品についてご紹介いたします。

Lot.106-2
上村 松園≪新螢≫
エスティメイト:\8,000,000~13,000,000
蛍狩りを楽しむ母娘の姿を、今年没後70年を迎える上村松園が描いた作品です。母娘の仲睦まじい様子とともに、松園らしい気品あふれる情景が表されています。

Lot.114
杉山 寧≪游≫
エスティメイト:\7,000,000~12,000,000
杉山寧は「鯉を描かせたら今日ではこの画家の右に出る人はいない」と言われ、本作でも優雅に泳ぐ鯉や、独特の水の表現が合わさり、新鮮さが醸し出されています。

Lot.143
Bernard Buffet (ベルナール・ビュッフェ)≪Turbot≫
エスティメイト:\5,000,000~8,000,000
作家が27歳頃の作品で、作家の20代に制作された作品は未だ根強い人気を保っています。本作では、抑制された色彩の中に、存在感のあるTarbot(カレイ)が描かれています。

Lot.144
Bernard Buffet (ベルナール・ビュッフェ)≪Tournesols dans un Vase (花瓶の向日葵)≫
エスティメイト:\5,000,000~8,000,000
同じく1955年作の、向日葵を題材とした作品です。花と背景の鮮やかな黄色に、力強く引かれた黒線が映え、向日葵の生命力を感じさせる一枚です。

 蛍、魚、向日葵と、奇しくも夏らしい題材が揃っていますので、ぜひ夏本番を前に一度ご覧ください。
 第58回オークションでは、その他にも片岡球子や山下清、竹久夢二などの絵画が出品されます。近代工芸では金重陶陽や、アメリカ・メトロポリタン美術館で大好評を博した「竹工芸名品展」にも出品されている飯塚琅玕斎、またコンテンポラリーアートやジュエリーなど全397点が出品されます。
 今週水曜日から金曜日にかけては、全出品作品を直接手に取ってご覧頂ける下見会も開催いたします。ぜひ皆様のご来場、ご参加をお待ちしております。

〈第58回 オークション〉

■開催日:2019年 7月6日(土)12:00~
■下見会:
 7月3日(水)10:00 – 18:00
 7月4日(木)10:00 – 18:00
 7月5日(金)10:00 – 15:00
■会場:〒105-0004 東京都港区新橋5-14-10 新橋 スクエアビル3F