カタログ画像

 

 

アイアートでは、 毎回、オークションカタログのカバーを新進気鋭の日本人アーティストの発表の場として公開していきたいと考えております。日本美術の礎を築きあげた先人の芸術と「いま」の時代との表現のコラボレーションを感じて頂きたく思います。